fc2ブログ
山あり、花あり、わんこあり・・・小さな丘の上でのささやかな暮らし
おはようございます(*'ω'*)

何かの都合で早起きせねばならないと

「5、5、5時~!」

と騒いでいたのは何年前だったでしょうか?

今では21時に寝て4時半に起床(辛口とチョコはもっと早起き)。7時間半も寝ています。勤めを辞める前は20時過ぎに夕食を食べて片付けを終わりようやくお風呂に入るのが21時、現在の床に着く時刻でした。

今は何というお気楽トンボ。
そして健康的(幼児並の就寝時刻ですが・笑)
以前のように午後睡魔が襲うことはなく、20時頃には眠くなる。

IMG_3473sd.jpg

朝はゆっくりコーヒーとパンを食べてから簡単な家事をすませ、日が明けてきたら朝んぽ。毎日見ていても丘の景色はそれは美しく、心が洗われます。

IMG_3468sd.jpg


”丘に在る”

IMG_3471sd.jpg
小さな工房

”パン屋になる”

人生どう転んでこんな今があるのか・・・
今まであったこと、人生の山も谷も全てがこの丘に続いていたような気もしてきます。


さて、最近読んだ本。

先日紹介した伊吹有喜さん、また借りてきて読みました。

IMG_3460sd.jpg

何故、この方の小説に私が惹かれるのか・・・

前作『風待ちの人』もそうでしたが、個々の抱える悩みからもがきながら再生する人、家族が描かれています。

人生色々ある、悩みも苦しみも誰もが抱えて生きる、
でも人生いつでもやり直せるんだよ。前をむいて生きよう・・と。

そんなメッセージが伝わってきます。

次の作品を借りて読みかけています。
幼児並みの就寝時刻ですから読書は毎日少し。

でも久しぶりに『読書は心の栄養』という言葉を思い出しました。することはたくさん、やりたいこともたくさんある日々ですが、少しでも読書タイムをとれるようにします。

抹茶大納言sd
昨日焼いた抹茶大納言ミニ食


さあ、ぼちぼち外が明るくなってきました。朝んぽの時間。みなさんも良い一日を。

お読みくださりありがとうございました。
ではまた。
スポンサーサイト




【2023/02/20 06:33】 | 読書
トラックバック(0) |


田舎のオ-ドリ-
人生の谷も山も全てが

今 この丘に続いている・・・☆

いも子さん♪の丁寧な生き方
時間の積み重ねの集約だと感じております☆♥

ゆっくり 頑張って前に・・・☆

今日もお元気願っております☆

Re: 田舎のオードリーさんへ
天然いも子
オードリーさん、ありがとうございます。

丁寧な生き方は未だになかなか・・ですが。
とにかくこんな今があるのが不思議です。

丘の土地を買い求めたのはまだ30半ばでしたから、
移り住むまでに20年近く。

それに1年ほど前まではパン屋になりたいとは思ったことはなくて(笑)

全てが不思議です。
運命なのかなあと。
これからどう転ぶかわかりませんね。


コメントを閉じる▲
おはようございます(*'ω'*)

12月まで三か月間近く図書館が休館で読書から遠ざかっていました。工房準備に気が取られて読む気がしなかったこともありますが。

12月からまた開館したのでぼちぼちと。
寝る前に半分居眠りながら・・・


1月に読んだ本

『じんかん』 今村翔吾作

9784065192702_wsd.jpg

滋賀県在住の直木賞作家。昨年に受賞作『塞王の楯』を読んだらとても面白くて一気に読破。
図書館で見かけた『じんかん(人間)』を借りてきました。戦国武将の松永久秀が主人公。歴史に詳しくない私には『名前は聞いたことがあるかも・・』という人物です。

読後・・やはり『塞王の楯』と比べたらなあ。
戦国時代に生きることに翻弄されるあまたの人間、その中にあって最後まで自分の志を通したということは伝わってきたけれど。

年のせいかなあ・・・

一気に読み進めない読書は登場人物が多いというだけでしんどい。
というか登場人物が少なくても名前をすぐ忘れてしまうのだから。

軽く読める小説が私にはいいみたい・・・
あと3冊ほど読んだのだけど、その中で良かったのは♪

pcp0omgs3027w762tdyk9nnolk4msd.jpg

心の奥にしんどさを抱える男女が海辺の町で出会ったことで再生していく話。主人公の名は・・う~ん

でもとても良かったです。

悲しい場面もほっとする場面もどんな場面も穏やかに文章が流れ、ハッピーエンド。中年の恋愛小説のようでもあるけれど、底に”人間っていつでもやりなおせるよ””人間って捨てたものじゃない”・・と。

そして、伊吹有喜さん・・どうも聞いた名前だ・・・と
調べてみたら昨年読んだ『四十九日のレシピ』の作家さん!登場人物の名前はやっぱり一人も思い出せなかったけれどおぼろげにあらすじは覚えていました。imoko読書記録に五つ星★★★★★つけていましたよ。

先週図書館に返却に行ってまた伊吹作品借りてきました。しばらく伊吹作品の読書続きそうです。

今の記憶力では情けないけど登場人物の名前を覚えていられない。だけど、読んでいる間は心の栄養。

IMG_3364sd.jpg
今の工房・・・ホワイトボードにメモメモ

しかし、60でこの記憶力。
今後の頭が心配でもあり、色々もっと鍛えねば~

そんなこんな一日の始まり。

お読みくださりありがとうございました。

【2023/02/07 06:40】 | 読書
トラックバック(0) |
こんにちは(*'ω'*)

CIMG9414sd.jpg
ようやく一輪開花のクリスマスローズ♪

庭に出るとついつい。
しなくてもよさそうなことまでやってしまいます。

『あらまっ!穂から種飛ばさへん??』

CIMG9415sd.jpg

雑草たちだってようやく雪の下から出てきたのになあ。
酷な私は「ごめーん」と言いながら抜いてしまいます。

CIMG9419sd.jpg

たくましい雑草たちが目について目について。
「ちょっと・・」と言って出たのになかなか家の中に入って来ない私を見つめる目♪

CIMG9420sd.jpg
愛おしい(*´з`)

最近読んだ本に少し涙・・・

CIMG9384sd_20220315102213d38.jpg

『ちょいな人々』はちょいとした話で置いといて。
有川ひろさんの『みとりねこ』。 『旅猫レポート』の番外編のような短編集ですが哀しいお別れというよりも、わんにゃんが大切な大切な家族として生きているのだと温かい想いがこみ上げてきます。だから、読後は今まで以上にチョコのことが愛おしくなりました。

そうそう、先日の鈴をつけたわんこ。あれからよそのお宅前で寛いでいる姿を何度か見かけました。そのお宅の子のようです。ちゃんと家に帰れたね・・というかノーリードで散歩中だった?

何はともあれよかったです(^O^)/



今日も丘のぱん

辛口評論家がギター教室の日。味見していただこうと腕まくり。シナモンロール2種をたっぷり焼きました。

CIMG9423sd_20220315101528602.jpg
レーズンシナモン & あんシナモン

持って行ってもらいたくて、パンが冷める前にかけてしまったアイシング。召し上がる時にべたつかないか心配です。

CIMG9424sd.jpg

『毎日チョコと暮らせて幸せよ~』
そんなこんな一日。

お読みくださりありがとうございました。
みなさんの今日一日が穏やかでありますように。
ではまた。



【2022/03/15 10:49】 | 読書
トラックバック(0) |
こんにちは(*'ω'*)

また今週半ばから雪マークがあるので、天気のよい間にと買い出しへ。

実家へも。父は今日ワクチン接種で、いも姉が連れて行ってくれました。母はとうに済ませているので二人終わって少し安心です。効果が出るのはまだ先でしょうが。

バレンタインデーなので父の好物の金時豆とあんぱんを。

CIMG8917sd.jpg
パンは、黒糖生地であんやクリーム、レーズンを包んでみました。

パンを見たら、早速食べてくれるのが甘口評論家たち。
「生地はもっちり美味しいけどクリームが甘いので合わないなあ。」と、初のダメ出しをもらいました♪


続いて買い出しへスーパー行って、勉強のためにパン屋さんで購入。

CIMG8919sd.jpg
たまごウインナークッペ、おまけのミルクパン一片

たまごウインナークッペは、ウインナーを探さなければならないほどの薄い輪切りが4つだけ・・・貧相だと思ったのに食べてみると卵の味が勝っていておいしかったような。塩バターぱんも買ったのですが、「うちのパンも食べ比べ・・・」
と、不評だった黒糖クリームパンを。

CIMG8922sd.jpg

甘すぎる~~

とにかく色々食べてみないとなあ。なのですが今日は食べ過ぎて胃やけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

パン工房の名前を考えようと先日図書館で借りてきた本

CIMG8923sd.jpg

ほぼ企業の製品のネーミングについて書かれていました。テレビ番組でも最近見たような気がしますが、名前を変えただけで同じ製品でも驚くほど売れるようになった・・しかしその名前が生まれるまでには道のりがあって。

『企業とは求めていることは違うけれど良い名をつけたい』

<ネーミングで大事なこと>
・伝えたい意味が伝わる
・発音して音感がよい、好感がもてる
・視覚イメージがよい
・見、読、書、聞、話、覚の6やすさ


企業では製品名を決めるのに色々な手法があり、例えばチームを組んで一人100個ずつ持ち寄って色々な視点から絞っていくなど・・・”丘のぱん”はチームを組むほど頭数はないので、まずは私が100くらい考えてみようかな(笑)

CIMG8926sd.jpg
うちのクリスマスローズで一番早く咲くのはこの子かな・・・

そんなこんな一日。

お読みくださりありがとうございました。
今日もお疲れさまでした。明日が穏やかで元気の出る一日になりますように。

ではまた。


【2022/02/14 17:11】 | 読書
トラックバック(0) |
こんにちは(*'ω'*)

「人生楽ありゃ苦もあるさ~」

CIMG8901sd.jpg

昨日・・・良い天気に誘われて久しぶりに歩いて実家まで。
山茶花が並ぶ辺りでは・・・

CIMG8900sd_20220213144854752.jpg

春を見つけられないかなあ・・・ときょろきょろしながら歩きましたが、路肩にはまだまだ雪があります。

CIMG8899sd.jpg

見つけたのは、動物の足跡ぐらいでした( ;∀;)

CIMG8896sd_20220213145328f3d.jpg

さて、弟から(二週に一度実家に泊りにきてくれています)直木賞受賞作『塞王の楯』を借りて帰ってきました。弟は受賞が決まる前に、新聞の書評を見て買ったとか・・・弟はほんとうに読書家です。

CIMG8911sd.jpg
作者は滋賀県在住の今村翔吾さん

舞台は近江の国、主人公が穴太衆。読みだしたら止まらないくらいその時代、その世界にぐいぐい引き込まれていきます。


今日も丘のぱん

パヴェが続いたら、「いつものが食べたい」と言われて。

CIMG8908sd.jpg

全粒粉を1割混ぜた生地で”いつもの”を焼いてみました。手ごねで200gしか作らなかったので、もうすでに売り切れです♪また格さん帽をかぶっていたら笑われました。新しい帽子を縫わねば・・・

でも、『塞王の楯』を読むのを優先です(*'ω'*)


お読みくださりありがとうございました。
みなさんにとって穏やかな元気の出る一日でありますように。
ではまた。




【2022/02/13 15:18】 | 読書
トラックバック(0) |