山あり、花あり、わんこあり・・・小さな山の上でのささやかな暮らし
2016年09月02日 (金) | 編集 |
CIMG2429sd.jpg

夜には、虫の声(*'ω'*)・・・秋の気配ですが、日中の暑さには、
体力を奪い取られています・・

CIMG2422sd.jpg
ミニバラ、一つひとつと交代で咲いています♪

一方、先日から花を咲かせ始めたバラ苗ですが、黒点病がなかなか良くならず、夫が毎日、3枚、5枚と病気の葉を取っています。

 「毎日取ってたら、しまいに葉っぱがなくなりそうや・・・」

大丈夫かな。
もう少し日中も涼しくならないと、山門横には植えつけられません(+_+)

さて、クレマ師匠からいただいた”琉球スズメウリ”ですが、
すくすく大きくなって、実をつけ始め、色づくのを楽しみにしていました。

CIMG2426sd.jpg

う~ん?

先日から、大きいのがひとつ、ふたつと、見当たらなくなっています。
色づくのを楽しみに待っているうちに、どこ行った???

上の写真は、例のサルの腰掛畑・・・に植わっている株です・・・
また二つほど小さなかわいいスイカちゃんのような実・・・
この行方を見届けたいと思います  

どっか持って行ってるのは、おサルかな?鳥かな?

なんせ、ふうせんカズラまで手を出すのだから・・・
山にはよほど食べ物がないのかな?

CIMG2370sd.jpg

今日は、まる金
髪も週末切らなくては・・・まるで、ライオン丸かなまはげのような・・・
ブローしても変わり映えせず、悲しやサンマの乱れ髪・・・・・行ってきます。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
大丈夫です(*ノωノ)
こんばんは(*^^*)
やはり 黒点病ですか?薬剤焼けではないですよね(+o+)

黒点病疑いの葉は全部取ってしまった方がよいです。
丸坊主になっても大丈夫。また葉はでてきます。これからバラの生育しやすい気温になりますし。
発症したらサプロールが良く効きましたよ。そんなにしょっちゅう散布すると薬害で葉が枯れることもありますがら、1回まいて治まっていなかったら5~7日後にもう一度散布。
それでも治まらなかったらサプロールは耐性菌ができやすいそうなので別の治療薬トップジンなどを散布します。

もし治まっているようにに見えたら、サプロールではなくベンレート、エムダイファ―などの予防は得意な薬をローテーションで、毎週散布します。
一度黒点病が発生しているので完全予防するなら、20℃を下回るまで1.2週に1度散布します。
そしてこのローテーションの3回に1度くらいはサプロールやトップジンなど治療が得意な薬を組み込みます。これらはよく効きますが、連続使用しないように。

どうしても黒点病が止まらない時はアヤシイ葉はすべてとり、丸坊主にしてしまえば薬剤を沢山散布しても葉焼けしないので、ガンガンまいてしまいます(*''ω''*)

秋は夜露が葉に付きやすく、黒点病に最もかかりやすい季節です。
でも今シーズン治らなくても大丈夫。
冬に落葉し(しなくても葉は全部とる)、春の芽吹前にガッツリ散布し、芽吹きから上記の発症予防をすれば大丈夫です。生育は少し遅れますが、また再スタートすればよいのです(*ノωノ)
はっ!
また のりのりで余計なおせっかいしてしまいました(+o+)   

スズメウリも無事に大きくなりますように✨
2016/09/03(Sat) 01:27 | URL  | rekuぼたん #-[ 編集]
Re: reku ぼたんさんへ(*'ω'*)
おはようございます。

心強いレクチャー有難うございます(・´з`・)
今週は忙しく帰宅が遅かったこと・・
と言うより、夫に任せているから、どんな状態かは今一つ・・・
でも、早速教えてくださったことをメモして夫に見せました♪

病気になろうが、治療し再スタートが切れるバラ栽培。
まだ苗の状態で置いたままですが、
頑張ります!

スズメウリも、何者かに好まれ盗まれている様子ですが・・
まさか全部ということもないと信じて、
色づくのを見守ります。

明日からは台風の影響で雨模様の予報。今日はパン同好会の活動をしながら、少し草むしりでもしようかと思います。
詳しく教えてくださってありがとう。これからもよろしくお願いします(*'ω'*)
2016/09/03(Sat) 07:22 | URL  | 天然いも子 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック